朝隈助産院|広島県広島市安佐南区長束西の桶谷式マッサージ|おっぱいトラブルや母乳相談

こんにちは!朝隈助産院です。
今日から楽しく母乳育児をはじめませんか?

ようこそ、朝隈母乳育児相談室へ!今日から母乳育児を楽しく始めませんか?

母乳育児を開設して30数年、母乳が出ない・おっぱいが痛い・おっぱいが吸えない・おいしいお乳を飲ませてあげたいなど、様々なトラブルや要望に対応してきました。
赤ちゃんが母乳で育つこと、お母さんは赤ちゃんにお乳を吸ってもらうことは自然のことです。
桶谷式のマッサージ技術と母乳育児の正しい知識・経験を生かした仕事で家庭的な雰囲気の中、温かくきめ細やかな対応をさせていただきます。

<桶谷式乳房管理法とは>

桶谷式の援助としては、母乳トラブルのみでなく定期的な乳房マッサージを受け、乳房の底の部分(基底部)を剥がし柔らかい飲みやすいおっぱいに変え、断乳まで定時刻授乳をして断乳計画をたて断乳を実行し、残乳処理までの一貫した援助を桶谷式乳房管理法といいます。
そうすることで、良質のおいしいおっぱいを定時刻(2時間半~3時間)で授乳し、赤ちゃんの心と脳と体を刺激し、母子ともに健康にする一貫とした乳房の管理法です。
おいしいおっぱいにしたい方は是非おいでください。

☆乳房トラブルについて

生後間もない時からお腹いっぱいミルクを飲んで哺乳瓶に慣れてしまいお母さんの乳首を上手に吸えない、お乳が張っていたい、乳頭が切れたり、水泡ができて痛い、乳腺が開いていない、乳首が短くて吸えない、母乳の出が悪いなど様々なトラブルがあります。
トラブルが長引きますと手遅れになる恐れがあります。哺乳瓶やミルクに慣れる前に一日も早い来院をお勧めします。又、退院後一日も早く来院されると、トラブルも少なくスムーズに母乳に移行できるようになります。

☆妊婦さんのための母乳教室について

出産後すぐに始まる母乳育児がスムーズにできるよう妊娠中に母乳育児の正しい知識、おっぱいのケア、食生活など、様々な学習をして安心した入院生活をおくれるよう妊婦さんのための母乳教室を開催しています。お気軽にご連絡ください。

産後7ヶ月の母乳育児

さあ七ヶ月になりました。赤ちゃんは元気に育っていますか?お母さんの愛情をいっぱいもらってすくすく育っている事でしょう!この頃の赤ちゃんは👶ハイハイもだいぶ上手になって、いろんなところに行っては遊んでいるでしょう!少しずつ、自分以外の人を認識して、近づいては一緒に遊んだり、話しかけられては、ジーっと見つめて、ニコニコして笑顔で反応してくれます。お母さんのことは大好き💕で、抱かれたり、頬ずりされたら嬉しくて、なんとも言えない笑顔でお母さんにぎゅーと抱きついてくれます。このように、感情を表現できるようになったら、嬉しい、不安、悲しい、痛い、怒り、恐い、楽しい、など様々な体験をするようになると、眠りの中で夢を見て、夜泣きがはじまります。

 例えば、出かけた時に見知らぬ人に大声であやされたり、突然お母さんがいなくなったり、などびっくりしたり、不安になったりすると始まります。3時間ごとの定時刻授乳のリズムが、夜泣きというのは、一時間くらいで泣いて起きたり、目をつむったままグズグズ言ったり、お母さんと赤ちゃんの眠れない日々が始まります。一歳近くまでにどこかの時期に夜泣きがありますが、短い赤ちゃんで、2〜3週間、長い赤ちゃんで1ヶ月くらいあります。これは神経が芽生えている証なので、赤ちゃんに付き合ってあげるしかありませんお母さんはしっかり眠れないのでいつも疲れていて、イライラしたり、昼間でも、眠くなったり、いつまで続くのかウンザリします。「夜中にさっき飲んだのに、1時間もしたらグズグズ起きて、3時間授乳ができません。これが夜泣きなんじゃろうか、身体にこたえるわ、いつまで続くのか心配です。泣くたびに飲ませてもいいですか?」と良く聞かれます。

私は、「辛いね、夜泣きだと思うから、仕方がないよ、赤ちゃん👶も脳みそが🧠いろいろなことで刺激されて頑張って偉くなっているんよ!おさまるまで付き合ってあげてね!」と言いますが、私の子供たち👶もみんな夜泣きはありました。確かに、しんどいです。

じゃあどう乗り切るかというと、母乳の🤱場合は有難いことに吸わせると落ち着きます。しかしあまりに短時間だったら抱いてよしよしとゆすってあげて下さいね。良く出る場合は、飲み過ぎて、ドバーッと吐く場合があります。しんどいけど、焦らないで付き合ってあげて下さいね。

ただ、ここで大切なのは、寝乳を出来るだけしないことです。添い寝飲みとも言います。

泣くたびにごろごろ横になって眠りながら吸わせていると、くせになって断乳まで、夜中じゅう吸わせ続けて、お母さんも赤ちゃんもずっと寝不足になり、もう授乳をやめたいと思い辛い授乳生活で終わってしまいます。ゆっくり脳を🧠休ませることができません。

いわゆるおしゃぶり授乳です。つぶしのみ、ゆがめのみになり、白斑、しこりの原因になります。夜泣きは辛いかもしれないけど、座って授乳したり、さっき飲んだのにという時は、ゆすって寝かせてあげて下さい!赤ちゃん自身で、自分で眠る癖をつけてあげると、長く眠るようになります。そうすることで案外短期間でまた定時刻授乳に戻ります。またとても大切なことは、日中には赤ちゃんを穏やかに過ごさせる事です。夜泣きの時に、出かける事を増やしたり、一日中テレビをつけて、機械音を聞かせたり、大人でも疲れるようなことをしないことです。日常の生活音、お母さんの優しい声、ゆっくりと穏やかに一日を過ごすことです。

赤ちゃんがお昼寝したらお母さんも手仕事をやめて一緒に寝たり、頑張って家事をしないで、少し手を抜いて休んで、夜泣きに備えて下さいね。いつまで続くのか不安、負担に思わないで、赤ちゃんが風邪をひいたようなもの、いつか戻ると信じて、美味しい母乳を飲ませてあげて下さい。

そうそう、食べるものも少し気をつけて美味しい母乳にすることです。

七ヶ月第2部はまた次回書きますね!

産後7ヶ月の母乳育児

さあ七ヶ月になりました。赤ちゃんは元気に育っていますか?お母さんの愛情をいっぱいもらってすくすく育っている事でしょう!この頃の赤ちゃんは👶ハイハイもだいぶ上手になって、いろんなところに行っては遊んでいるでしょう!少しずつ …

詳細を確認する

産後6ヶ月の母乳育児

さあ六ヶ月になりました。赤ちゃんは👶すくすく育っていますか?首もすっかりすわり、寝返りをして、モゴモゴはっている赤ちゃんもいるでしょう👶お気に入りのおもちゃを舐めたり、手で上手にもって遊んでいるでしょう。お母さんを認識し …

詳細を確認する

産後5ヶ月から6ヶ月の母乳育児

早いもので、五カ月がたちました。早い赤ちゃんは、寝返りをしているでしょう。もう少しの赤ちゃん👶もいるでしょう。ニコニコ笑って、お母さんを探します。しかし、まだ首がしっかり座ってない赤ちゃんもいるので、寝入ったら仰向けにし …

詳細を確認する