朝隈助産院|広島県広島市安佐南区長束西の桶谷式マッサージ|おっぱいトラブルや母乳相談

こんにちは!朝隈助産院です。
今日から楽しく母乳育児をはじめませんか?

ようこそ、朝隈母乳育児相談室へ!今日から母乳育児を楽しく始めませんか?

母乳育児を開設して30数年、母乳が出ない・おっぱいが痛い・おっぱいが吸えない・おいしいお乳を飲ませてあげたいなど、様々なトラブルや要望に対応してきました。
赤ちゃんが母乳で育つこと、お母さんは赤ちゃんにお乳を吸ってもらうことは自然のことです。
桶谷式のマッサージ技術と母乳育児の正しい知識・経験を生かした仕事で家庭的な雰囲気の中、温かくきめ細やかな対応をさせていただきます。

<桶谷式乳房管理法とは>

桶谷式の援助としては、母乳トラブルのみでなく定期的な乳房マッサージを受け、乳房の底の部分(基底部)を剥がし柔らかい飲みやすいおっぱいに変え、断乳まで定時刻授乳をして断乳計画をたて断乳を実行し、残乳処理までの一貫した援助を桶谷式乳房管理法といいます。
そうすることで、良質のおいしいおっぱいを定時刻(2時間半~3時間)で授乳し、赤ちゃんの心と脳と体を刺激し、母子ともに健康にする一貫とした乳房の管理法です。
おいしいおっぱいにしたい方は是非おいでください。

☆乳房トラブルについて

生後間もない時からお腹いっぱいミルクを飲んで哺乳瓶に慣れてしまいお母さんの乳首を上手に吸えない、お乳が張っていたい、乳頭が切れたり、水泡ができて痛い、乳腺が開いていない、乳首が短くて吸えない、母乳の出が悪いなど様々なトラブルがあります。
トラブルが長引きますと手遅れになる恐れがあります。哺乳瓶やミルクに慣れる前に一日も早い来院をお勧めします。又、退院後一日も早く来院されると、トラブルも少なくスムーズに母乳に移行できるようになります。

☆妊婦さんのための母乳教室について

出産後すぐに始まる母乳育児がスムーズにできるよう妊娠中に母乳育児の正しい知識、おっぱいのケア、食生活など、様々な学習をして安心した入院生活をおくれるよう妊婦さんのための母乳教室を開催しています。お気軽にご連絡ください。

赤ちゃんがえり

こんにちは😃

母乳育児について断乳まで書きましたが、今回からは、母乳育児をするなかで、お母さん方から、相談を受ける内容から少しずつ書いていこうかと思います。

今回は、赤ちゃんがえりについて書きますね!

新しく家族の一員となった赤ちゃんが、我が家にやってきました。経産婦さんは、上の子もお世話しながらの、母乳育児が始まるわけですが、二人三人、、、子育ては大変でしょう。みんなに平等に愛情を注ぐ事はなかなか難しい事です。

しかし、平等に注いであげたい気持ちを持ち続ける事は大切なことです。

長男、長女としての立場、やくわり、我慢も必要でしょう。次男、次女も真ん中に挟まれて、我慢する事が沢山あります。赤ちゃんは、基本的生活習慣が自立するまでは、まだまだ手をかけなければなりません。子供達を育てるのは大変ですね!

そんな中、下が生まれると、上の子達の赤ちゃんがえりが始まります。赤ちゃんがえりは、年齢によって、様々な出方があります。

3歳未満の子供は、赤ちゃん言葉になったり、お漏らしを始めたり、食べさせて、服を着せてなど、自分でできることをしなくなったり、歩かなくなってハイハイしたり、、、赤ちゃんと競うように、赤ちゃんになります。また、赤ちゃんをつねったり、たたいたり、けったりする行為が始まります。

幼児は、何をするにも、反抗がはじまり、かといってお母さんを独占しようとします。

学童期は、 お母さんに反抗的態度をとって、学校や家の外でわざとして欲しくない行動をとって、困らせます。

家庭によってもいろいろな出方がありますが、私が経験したことや、いろいろなお母さん方から聞いた話から、赤ちゃんがえりは、短期に解決できるようです。長引く反抗やイライラする子供の行動は、年齢からくる反抗期、成長の過程なのではないかな?と思います。

赤ちゃんがえりは、単に、突然お母さんが4〜5日入院していなくなり、我慢と母不在の不安な日々を過ごし、やっとお母さんが帰ったら、赤ちゃんがいた。

私はどうしたらいいのか?

お母さんは、赤ちゃんの世話で忙しくかまってくれない、お母さんどうしたの?

という戸惑いからくる不安な日々を過ごして、我慢に我慢を重ねて、とうとう赤ちゃんになって、お母さんに見て見てと、赤ちゃんがえりが始まるのかな?と、お母さん達と話します。上手に乗り切れば早く治るかもしれませんね。

じゃあ、どうしたらいいか?

お母さんは、あなたをいつも見守っているよ!

安心して!

と発信したらいいのではないかな?

赤ちゃんがえりを、お母さんはイライラして受け入れられなければ、長引くだけです。いいかげんにして、お母さんを困らせないで!と、怒鳴ったり、たたいたり、悩んだりしていると長引きますよ。

3人4人5人6人のお母さんは、産むたびに、いろいろ毎度、経験を積んでいるので、「赤ちゃんがえりはどうしてるん?」と聞くと、笑って、「可愛いよ、今赤ちゃんに、なっとるんよ。」と答えます。

助産院に問題の子が来ても、「ハイハイどうしたん?」と付き合っています。真剣に悩んで困っているお母さんに私は、

「ベタベタしてあげたり、特別な時間を作ったりしても続かんじゃろ?子供の目をなにかと、見て、しっかり見つめて、ご飯食べよ、風呂入ろ、トイレ行こ、と目を見て話してあげんさい。落ち着くよ、次来るまで、やってごらん?怖い目じゃなくて、優しい目よ!」

たったこれだけのアドバイスですが、大抵、お母さんは落ち着いてきます。

目を見るだけで変わったと、、、、

お母さんがイライラしたら、あまり問題の子を見てあげてないと思います。だから、私を見てと赤ちゃんがえりをするのです。ただ目と目の見つめ合いをするのです。ストレスがたまっている子は最初、目をそらします。でも、目を見てあげ続けると、だんだん見てくれます。ぜひ、やってみてください。

とにかく、受け入れるのです。

また大事なことは、赤ちゃんを抱っこしたり肌身離さず身につけていることが大切です。赤ちゃんを受け入れてもらわないといけません。おんぶ紐や抱っこバンド、など利用して、上の子と遊ぶ時も赤ちゃんを身につけていて下さい。しかし、誰かいてゆとりのあるときは、30分ぐらい赤ちゃんを見てもらい、二人で、散歩に行ったり、遊んだりするのも時にはいいでしょう。大きい子供は、何か困らすことを言って来たら、大きく深呼吸して、自分を落ち着かせて、ただただ、聞いて、「そうなんだ、こうしたいんだね、ふーん、」と答えて、絶対、お母さんの問題にしないで、どんな態度に出ようと、吐き出させて、こうしたら?なんて絶対支持しない、アドバイスしないで、ひたすら聞いていたら、相手は落ち着いてきます。

絶対目を見て!

お母さんは聞いてくれた、と自分の気持ちをを整理します。一度や二度でうまくいかなくても、めげずに、続けてくださいね。なんでイライラさせるのか、子供の心の奥を感じて、受け入れてくださいね。赤ちゃんがえりに、上手に対処できたら、反抗期もうまく乗り切れるかもしれないですよ。

赤ちゃんがえりは子供の問題、私の問題ではない。

じっくり付き合うか、、、、と言うふうにね!

楽しく乗り切ってくださいね!

赤ちゃんがえり

こんにちは😃 母乳育児について断乳まで書きましたが、今回からは、母乳育児をするなかで、お母さん方から、相談を受ける内容から少しずつ書いていこうかと思います。 今回は、赤ちゃんがえりについて書きますね! 新しく家族の一員と …

詳細を確認する

最近思うこと ②

一歳までの母乳育児について書きましたが、皆さんの参考になれば幸いです。わからないことがあれば、助産院に連絡して下さい。 桶谷式で母乳育児をされているお母さん、又自分なりに母乳育児をされているお母さん様々だと思うのですが、 …

詳細を確認する

産後12ヶ月の母乳育児

いよいよ一歳ですね! おめでとう㊗️🎉🎊ございます! 一年間の母乳育児良く頑張りました。生まれたばかりの赤ちゃんからこんなに成長してくれて、なんか不思議ですね!さてこの頃の子供は🧒👶まだ歩けない子もいるし、よちよち歩いて …

詳細を確認する