朝隈助産院|広島県広島市安佐南区長束西の桶谷式マッサージ|おっぱいトラブルや母乳相談

こんにちは!朝隈助産院です。
今日から楽しく母乳育児をはじめませんか?

ようこそ、朝隈母乳育児相談室へ!今日から母乳育児を楽しく始めませんか?

母乳育児を開設して30数年、母乳が出ない・おっぱいが痛い・おっぱいが吸えない・おいしいお乳を飲ませてあげたいなど、様々なトラブルや要望に対応してきました。
赤ちゃんが母乳で育つこと、お母さんは赤ちゃんにお乳を吸ってもらうことは自然のことです。
桶谷式のマッサージ技術と母乳育児の正しい知識・経験を生かした仕事で家庭的な雰囲気の中、温かくきめ細やかな対応をさせていただきます。

<桶谷式乳房管理法とは>

桶谷式の援助としては、母乳トラブルのみでなく定期的な乳房マッサージを受け、乳房の底の部分(基底部)を剥がし柔らかい飲みやすいおっぱいに変え、断乳まで定時刻授乳をして断乳計画をたて断乳を実行し、残乳処理までの一貫した援助を桶谷式乳房管理法といいます。
そうすることで、良質のおいしいおっぱいを定時刻(2時間半~3時間)で授乳し、赤ちゃんの心と脳と体を刺激し、母子ともに健康にする一貫とした乳房の管理法です。
おいしいおっぱいにしたい方は是非おいでください。

☆乳房トラブルについて

生後間もない時からお腹いっぱいミルクを飲んで哺乳瓶に慣れてしまいお母さんの乳首を上手に吸えない、お乳が張っていたい、乳頭が切れたり、水泡ができて痛い、乳腺が開いていない、乳首が短くて吸えない、母乳の出が悪いなど様々なトラブルがあります。
トラブルが長引きますと手遅れになる恐れがあります。哺乳瓶やミルクに慣れる前に一日も早い来院をお勧めします。又、退院後一日も早く来院されると、トラブルも少なくスムーズに母乳に移行できるようになります。

☆妊婦さんのための母乳教室について

出産後すぐに始まる母乳育児がスムーズにできるよう妊娠中に母乳育児の正しい知識、おっぱいのケア、食生活など、様々な学習をして安心した入院生活をおくれるよう妊婦さんのための母乳教室を開催しています。お気軽にご連絡ください。

母乳育児を叶える為に ①

皆さん母乳頑張っていますか?

入院中、何か困っていませんか?

私の過去のブログに産後から断乳まで、母乳育児🤱を実現するために月齢別に書いていますから、ぜひ読んで下さい。

母乳の良い理由は、皆さんよーくわかっていますよね。

これも過去のブログに詳しく成分や利点を書いています。

今回は、なかなか母乳育児が、実現できないという、昨今の事情を考えてみました。赤ちゃんを母乳で育てる事は、自然なことです。なぜ、哺乳類である人間が、母乳で育てる事が困難なのか、私はどうしても、理解できません。

母乳で育てる事を、推奨する事は私のエゴなんだろうか、いやそうじゃない、私は母乳育児の専門家なんだ!母乳で育てたいお母さんのために、ひたすら支援していくんだと、自分に言い聞かせて来ました

私の師である、桶谷そとみ助産師は、母乳は出るもの出せるものの信念でマッサージをあみだし、多くのお母さんの母乳育児の願いを叶えて来ました。

あの頃の熱い思いが、今でも心の奥底にあり、日々仕事をしていますが、頑張っても頑張っても、ミルクが哺乳瓶が行く手をさえぎります。長くこの仕事をしていますと、食事事情も育児も世の中全て、様変わりして便利なものがみちあふれています。

本当は、子供を育てるのは、こうなんだけど、本当はそんなものいらないんだけど、私自身が、少しずつミルクや哺乳瓶、紙おむつレトルト離乳食など便利用品に妥協して、遠回りしてお母さん方に援助していく事がとても辛く、情け無く感じます。

お母さん方も、無事に赤ちゃんを出産👶しこれから始まる育児を楽しみにしていた人、している人、どう育てるか、どのように育てたいか、しっかり考えを持って、出産に臨んで下さい。

なぜなら、便利な育児用品は、産後すぐにささやいてきます。どんなことかと言うと、

赤ちゃんは沢山の羊水をお腹いっぱい飲んで生まれてきます。その羊水は母乳が出るまでの、赤ちゃんのご飯や水分なんです。2〜3日は何も飲まなくても大丈夫🙆‍♀️です。ただ、母乳が出るまで、お母さんのおっぱいをしっかり吸って刺激をして、母乳が離乳食のように少しずつ、初乳から出始めます。

母乳が出るまでは、羊水をすっかり排出して、生後すぐの赤ちゃんの体重は10パーセントくらい減少します。これを生理的体重減少と言います。

完母の場合は、元の体重に戻るのは、退院して1週間ころで、二週目にだんだんと体重が増えてきます。

しかし今はこの生理的体重減少を考慮してくれません。まだ羊水がお腹にある頃からミルクを足されます。しっかり母乳を覚える前に、哺乳瓶とミルクを覚えてしまい、お母さんの乳首を浅く吸ったり、赤ちゃんの力で母乳を出すことを勉強できません。お母さんは、しっかり早くからおっぱいを吸ってもらえないので、母乳が出る準備ができません。だんだんと母乳不足に陥ります。

またお母さんの、産後の回復が悪くなります。

浅く吸うので、お母さんの体がむくんだり、悪露があまり出なかったり、なんかスッキリしません。

私の助産院に早く来てもらうと、おっぱいの奥を開けて、赤ちゃんに深く吸ってもらうことを教えて、初めて、催乳させると母乳が出始めみるみるお母さんはむくみが取れスッキリします。

あー初乳を飲んでないなといつも思います。

これはほんの一部の話です。

まだまだ気をつけないといけないことは、沢山あります。これから書いていきます。

お母さんの愛情と身体一つあれば、子育てできるのです。

初めから、「私はミルクで育てる」と決めているお母さんもいるでしょう。

考え方はいろいろですが、お母さんはそうでしょうが、赤ちゃんは、どうでしょう。優しく抱っこしてもらい、お母さんのおっぱいをお腹いっぱい飲みたいんではないでしょうか。

どうしても病気で飲ませられない、なんらかの理由で母乳をあげたくても叶わないお母さんもいるでしょう。辛いですね。

しかし、母乳を飲ますことが出来るお母さんが簡単に母乳を諦めないで欲しい、少しでも、せめて、初乳だけでも。

赤ちゃんの👶🤱の思いはどうなんだろう、お母さんの為はもちろんなんですが、、赤ちゃんの為にも考えてもらいたいと思います。

ミルクをすすめられるまえに、良く考えて、納得して母乳に支障がないていどのミルク補助にしなければなりません。

育児は、あらゆる面から、いろいろ考えさせられます。

紙おむつにするか、布オムツにするか、オムツ無し育児にするか、

離乳食は、作るか、買うか、早くから食べさせるか、遅くするか、

便利さを求めて、果たして、子供はどう育つのか、考えて見て下さい。

言葉が出ない赤ちゃん時代に、手間暇かけて母乳を飲ませ、子育てしてみて下さい。

きっと、その後の子育てが楽になり、たとえ、反抗期や子供がいきずまった時、お母さんは子供を信じて、見守る事が出来、子供も頑張って乗り越えてくれるでしょう。

次回からは、「母乳育児を叶える為に  2   実践」を書いていきます。

是非ご覧ください。

母乳育児を叶える為に ①

皆さん母乳頑張っていますか? 入院中、何か困っていませんか? 私の過去のブログに産後から断乳まで、母乳育児🤱を実現するために月齢別に書いていますから、ぜひ読んで下さい。 母乳の良い理由は、皆さんよーくわかっていますよね。 …

詳細を確認する

お知らせ

コロナウイルスの解除に伴い、感染に気を付けながら通常の助産院の営業を行います。大変ご不便おかけしましたが、上の子、付き添いの女性の方は手指消毒、マスクをして入室可能です。引き続き男性の方は、ご迷惑をおかけしますが入室は出 …

詳細を確認する

子育てのヒント 赤ちゃんの湿疹⑤

☆ アトピー性皮膚炎、食物アレルギーのまとめ  まとめにあたりまして、あくまでも私の長年の助産師経験から書きますから、賛否両論あると思いますが、読んでみてください。 その前に、私は桶谷そとみ助産師に師事して、今 …

詳細を確認する