朝隈助産院|広島県広島市安佐南区長束西の桶谷式マッサージ|おっぱいトラブルや母乳相談

こんにちは!朝隈助産院です。
今日から楽しく母乳育児をはじめませんか?

ようこそ、朝隈母乳育児相談室へ!今日から母乳育児を楽しく始めませんか?

母乳育児を開設して30数年、母乳が出ない・おっぱいが痛い・おっぱいが吸えない・おいしいお乳を飲ませてあげたいなど、様々なトラブルや要望に対応してきました。
赤ちゃんが母乳で育つこと、お母さんは赤ちゃんにお乳を吸ってもらうことは自然のことです。
桶谷式のマッサージ技術と母乳育児の正しい知識・経験を生かした仕事で家庭的な雰囲気の中、温かくきめ細やかな対応をさせていただきます。

<桶谷式乳房管理法とは>

桶谷式の援助としては、母乳トラブルのみでなく定期的な乳房マッサージを受け、乳房の底の部分(基底部)を剥がし柔らかい飲みやすいおっぱいに変え、断乳まで定時刻授乳をして断乳計画をたて断乳を実行し、残乳処理までの一貫した援助を桶谷式乳房管理法といいます。
そうすることで、良質のおいしいおっぱいを定時刻(2時間半~3時間)で授乳し、赤ちゃんの心と脳と体を刺激し、母子ともに健康にする一貫とした乳房の管理法です。
おいしいおっぱいにしたい方は是非おいでください。

☆乳房トラブルについて

生後間もない時からお腹いっぱいミルクを飲んで哺乳瓶に慣れてしまいお母さんの乳首を上手に吸えない、お乳が張っていたい、乳頭が切れたり、水泡ができて痛い、乳腺が開いていない、乳首が短くて吸えない、母乳の出が悪いなど様々なトラブルがあります。
トラブルが長引きますと手遅れになる恐れがあります。哺乳瓶やミルクに慣れる前に一日も早い来院をお勧めします。又、退院後一日も早く来院されると、トラブルも少なくスムーズに母乳に移行できるようになります。

☆妊婦さんのための母乳教室について

出産後すぐに始まる母乳育児がスムーズにできるよう妊娠中に母乳育児の正しい知識、おっぱいのケア、食生活など、様々な学習をして安心した入院生活をおくれるよう妊婦さんのための母乳教室を開催しています。お気軽にご連絡ください。

おっぱいが吸えない赤ちゃんが、急増‼

緊急事態宣言が緩和され、お母さんと赤ちゃんが母乳相談で少しずつ来院されるようになりました。

最近の傾向として、母乳が吸えない赤ちゃんが、多いのです。

それも、吸いやすい、立派な乳首なのに吸わないのです。

全く母乳を吸ってくれない!

しこりや、乳腺炎になった、母乳が出ない!

その原因が、お母さんの🤱おっぱいを吸えない、浅くチクチクしか吸えない!

ここから来るトラブルなんです。

以前は、扁平乳頭、陥没乳頭の吸えない悩みで来られていたのに、吸いやすい、普通の乳首なのに乳頭保護器をすすめらて、吸わせていたり、前回、前々回は母乳で育てられたお母さんも、なんでか吸わない悩みで、来られるのです。

皆さんに聞いてみると、

「入院中に病院仕様の新生児様の細長い小さな哺乳瓶でミルクを足していた。簡単にゴクゴクミルクを飲んでいた。手で持つのも、まるで鉛筆をもつ握り方、方向を簡単に変えられる。なんか、飲ませる方も、握りやすいので、ついつい癖になる。使えば使うほど、おっぱいを吸わない。」

というのです。

「ミルクをしっかり飲ませて、早く赤ちゃんの体重を増やせば、母乳を吸える様になる」

と言われた、というのです。

その言葉を信じて、哺乳瓶を使っていたというのです。特に、2000グラム代の赤ちゃんが、その哺乳瓶を使うように🍼言われています。

おっぱいが硬く張っているのに、全然母乳を吸ってもらえない、入院中は張ってきたのに、退院したら、しなしななおっぱいになった。

中には、体重のある大きな赤ちゃんも、何度もミルクのおかわりをしていたそうです。

私は、最近、毎日赤ちゃんに、母乳を吸ってもらう援助に明け暮れています。

なかなか、一度この哺乳瓶を覚えた感覚を、変えることは、赤ちゃんもお母さんも、ストレスで大変苦労します。

中には、もう少しで吸えるのに、通うことに疲れてあきらめるお母さんもいます。

本当に残念です。

頑張っているのに、「無理しなさんな」「ミルクは悪くないよ、もうミルクに切り替えたら」

と頑張っているお母さんと赤ちゃんに悪魔のささやきが始まります。

あきらめるお母さんは、「そうよね、無理しているよね、赤ちゃんが可愛そう」と、諦めます。

とても残念です!

自然に、母乳を飲むことがなぜ、できなくなるのか考えたら、飲めなくされているだけなのに、赤ちゃん、お母さんにとって、とても大切な母と子の営みができない、赤ちゃんの人生の始まりが、母乳でなく、瓶とミルクで始まるのか、悔しい、どうして、病院がもっと母乳を頑張ってくれないのか、楽なことに走るのか、どんな小さな赤ちゃんでも、頑張ったらごくんごくんと飲み始めるのに!

助産院では吸えるのに、帰ったら吸えない、しばらくはこれの繰り返し、大変、頑張る根性がいります。

とても、吸わせる為には、コツがいるのです。

同時に、おっぱいも柔らかくしたり、乳首を伸ばしたり、母乳を増やしたり、乳管を開いたり・・・私も、マッサージでおっぱいをと整えていかなければ、吸ってもらえないのです。

先日、おっぱいがよく出る様にして下さいとこられたお母さんで、おっぱいを吸ってもらうまでに1ヶ月かかりました。

まだミルクを離せません。

「良く頑張ったね」というと、

「どうしても、母乳で育てたいから毎日頑張りました」といわれ、少しずつミルクを減らしていました。

今では完母で、赤ちゃんを育てておられます。

だからどうぞ、哺乳瓶を使う前に、お母さんの乳首をしっかり吸わせて下さい。

私の過去のブログをよく読んで下さい。

私は母乳で育てたいのですと、アピールして、助産師さんや看護師さんに協力してもらって下さい。

 ヨーロッパで私のいとこが、お産しました。

妊娠中に、母乳かミルクか希望を言って、母乳で育てるお母さんは、絶対ミルクをくれません、ミルクのお母さんはどんどん飲ますそうです。

いとこが、「泣くからミルクをくれませんか?」と言ったら、「あなたは母乳で育てると決めたら、頑張るしかない」延々と、助産師さんとドクターに説得され、退院のときは、なみなみ母乳が出て、2歳近くまで飲ましました。

されるがまま、いわれるがままでは、簡単にミルクになります。

どうか、どう育てたいか、考えて、病院をよく選んで、どうするのか、勉強して、入院して下さい!

吸わない時は、一日も早く、助産院を訪ねて下さい。

母乳で育てたい!お母さんの希望が叶う世の中になります様に!

おっぱいが吸えない赤ちゃんが、急増‼

緊急事態宣言が緩和され、お母さんと赤ちゃんが母乳相談で少しずつ来院されるようになりました。 最近の傾向として、母乳が吸えない赤ちゃんが、多いのです。 それも、吸いやすい、立派な乳首なのに吸わないのです。 全く母乳を吸って …

詳細を確認する

母乳育児を叶える為に ⑤

さあ、今回は、産後からの母乳を出す食事について、お話しします。 まず、入院中ですが、産後すぐに、母乳が出るわけではありません。 2〜3日は乳房は、ゆっくり母乳が出る準備をする為乳房組織が変化するだけで、まだ母乳は出てきま …

詳細を確認する

母乳育児を叶える為に ④

皆さん、しっかり赤ちゃんに、おっぱいを吸ってもらっていますか? 母乳を出す為に、まず第1に、よく吸わせる事です。 前回の母乳育児を叶える為に 1.2.3をよく読んで下さい! さて今回は、母乳を出す為には、お母さんの🤱身体 …

詳細を確認する